ニート生活からの卒業

社会復帰に向けて今すぐやれること

ニートから抜け出すために

高校を卒業してすぐにニートになってしまう人は少なくありません。高校を卒業した後、就職活動をしたにもかかわらず就職が決まらず、結果としてニートになってしまうという人が多いのです。不況の影響からどの年代であっても、正社員として就職するのが非常に難しい状況であり、就職競争にあぶれた若者たちが活躍できない世の中になってしまっているのです。

就業もせず、職業訓練なども受けていないとなると、どうしても社会的能力が衰えてしまいます。とりわけ深刻になるのが、コミュニケーション能力です。コミュニケーション能力は、働く現場において最も要求される能力です。このコミュニケーション能力が失われてしまうと、就職することはますます難しくなってしまいます。

たとえ高卒後にニートになってしまったとしても、できる限り周囲の人とコミュニケーション取り、人との繋がりが失われないように心がけることが大切です。たとえアルバイトなどで働いていないとしても、せめて友人や仲間たちと少しでも関わるようにしておいた方が良いでしょう。友人たちと話をすることによって、人脈を広げるということにもつながります。もしかすると、人から就職先を紹介してもらえる可能性もあります。

ニート期間は長くなればなるほど、外に出るのが怖くなってしまいます。できるだけ早めに無職生活から抜け出すように心がけた方が良いでしょう。いきなり就職活動をしてもそう簡単に実は結ばないものです。まずはいったん体を慣らすつもりで、簡単なアルバイトを始めてみるといいでしょう。アルバイトで必要最低限のお金を得られるだけでなく、失われていた社会感覚を取り戻すことにもつながるのです。

Comment

*