ニート生活からの卒業

社会復帰に向けて今すぐやれること

先進国ならではの悩み

物質的に満たされて社会が安定すると、何かにチャレンジするという雰囲気が世の中から薄れる傾向があるようです。これは欧米の先進国や日本に共通する社会現象といえるかもしれません。

その一方で、発展途上国では努力すれば結果に表れることが若者たちのモチベーションになり、より多く稼ぐために尽力する姿が見られます。途上国の若者にはパワーがあるとか、目の色が違うといった指摘はまさにその通りでしょう。そんな発展途上国の若者に比べて、日本の若者は「頑張っても大して結果は変わらないし報われない」というあきらめ感が漂っています。成熟した社会では、ある意味やむを得ないことなのかもしれません。かつて日本が高い経済成長を誇っていた頃、若者たちは今の途上国の彼らと同じように、目の色を変えて働いていました。こうした風潮は国の成長過程の道のりだといっても過言ではないのでしょう。

そんな中、先進国の成長がある一定の豊かさに到達し出した頃から、ニートと呼ばれる若者が増加しはじめました。日本の場合も、高卒で大学にも進学せず、就職をしない若者が多く見られます。一言にニートといっても、ほとんどの人が今の生活を望んでいる訳ではありません。外に出ることができない何らかの理由があるのです。そうした彼らには、日本の経済や社会にもっとコミットしてもらう仕組みが必要だといえます。

例えば、資格取得の支援を行うことはその一つといえるでしょう。公共のハローワークや自治体が進める就職支援や職業訓練の一環として、いくつかの資格取得を選択肢に挙げれば希望者はたくさん出てくるはずです。人手不足が深刻な医療介護分野や人気の高い宅建資格や中小企業診断士も候補に挙げれば、きっと人材も集まるはずです。働きたい気持ちがあるニートたちをこのまま埋もれさせてしまうのではなく、少しでも前進できるような支援体制作りが必要ではないでしょうか。

Comment

*